鍛造技術

より優れた放熱性、より低い流体抵抗、より軽い放熱設計。

鍛造技術

自動車部品の分野において軽量化は長年の課題であり、放熱分野ではアルミ材の使用が非常に重視されてきました。一体成形アルミラジエーターの製造方法といえば、アルミ押出、アルミダイカスト、アルミ鍛造が最も一般的です。しかし、アルミ押出は高密度のフィンを製造することができないために放熱要求を満たすことができず、アルミダイカストで使用するアルミ材は熱伝導性に難があるなどの欠点があり、そのため自動車用ラジエーターにおいてはアルミ鍛造が最も適した製造技術であるといえます。

アミュレアの鍛造プロセスの長所:

  • 高熱伝導性アルミ合金に対応しており、高い放熱性を実現
  • 各種フィンに対応しており、さまざまな設計要求に適合
  • 細長比が大きいフィンの製造が可能であり、放熱面積の拡大を実現
  • 抜き勾配がない設計で設計者のニーズに応え、放熱性を維持
  • ワンストップサービスで、設計、金型から製造、品質管理、販売までをアミュレアがすべて代行

鍛造工程

お客様の切実なニーズにお応えする製品を設計・製造